So-net無料ブログ作成
検索選択
マイル換算率

カタカナ用語でちょっとカチンとくるものベスト10 [社会]

なんだかビジネス用語は年々カタカナ語が増えて、
ますますよう分からんことになってませんか?
テレビなどで用語使ってる人がしゃべってても
はっきり言って、何言ってるのか分からないんですよね・・・。

そんなちょっとイラッと来るカタカナビジネス用語について、
20~30代の男性にアンケートをとってみたらしいです。

そのトップ10がこちら


1位 コミットメント(約束、集中する) 149pt
2位 ユーザー(利用者、消費者) 125pt
3位 エビデンス(証拠、確証) 92pt
4位 スペック(能力、性能) 87pt
5位 アジェンダ(議題、課題) 67pt
6位 コンセンサス(合意) 58pt
7位 フィックス(決定) 53pt
8位 ジャストアイディア(思いつき) 42pt
9位 シェア(共有) 41pt
10位 ペンディング(保留、中止) 33pt
詳細はこちら・・・


なんかどこかで聞いたことのあるものが結構ありますね。
中には、それどう効いても日本語でしゃべるのムリあるでしょって
単語もありますよね・・・。

ユーザーなどはネットでもよく使われるので、
慣れてしまった感じはありますが、これをお店で言われたら
かなり嫌かも。

スペックはパソコンなどの時には使うけど・・・他に
使い道ってあるの?

シェアも結構使うようになりましたね。
何か最近は違和感なくなってきたけど・・・。

でもその他のものははっきり言って、何の意味だか分からないですね。
普通に日本語で話した方が通じますよね・・・。
なんでこんなの流行ってるんだろ・・・。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。